TOP CONTACT RESERVE TEL

MENU

一般診療

国民健康保険法や健康保険法などにより定められている診療です。
それぞれの病気に対して治療内容が決まっております。

むし歯
歯周病
小児歯科
入れ歯

CARIES

むし歯

むし歯は段階によって治療と回数が変わります。
むし歯が深ければ深いほど、放っておくほど歯の神経に近くなり痛みが出てきて
治療の回数もかかってしまうものです。むし歯は早めの発見と早めの治療をお勧めします。

むし歯治療について

初期段階のむし歯であれば、適切な予防処置をおこなうことで、歯を削る必要がない場合があります。しかし、むし歯が進行してしまうと、歯を削って詰めたり、神経に達した場合には歯の根の治療(根管治療)が必要になります。治療を繰り返すうちに歯は弱くなり、最終的には歯を失うことにつながります。そのようなことにならないためには、むし歯の予防、早期発見・早期治療が重要です。

お口をスキャンするだけでむし歯を発見!?

当院が使用している光学スキャナーは、歯並びや噛み合わせの状態を3D画像にしてご確認いただけるだけではありません。なんと、むし歯検知機能がついているため、お口の中にかざすだけで、被曝することもなく初期のむし歯を発見することが可能です。

むし歯をくり返さないために

むし歯治療を受けた患者様は、「もうむし歯になりたくない」と思われるはず。
治療をおこなった後もお口の環境が改善されず、同じような日常生活を過ごしていると、むし歯をくり返してしまうことになります。むし歯をくり返さないために、原因を調べるリスク検査をおこなったり、定期的なメンテナンスによる「予防」でサポートいたします。

無料カウンセリング

初診の方は、オンライン予約が可能です

PERIODONTAL
DISEASE

歯周病

日本人が歯を失う原因で最も多いのが歯周病です。歯周病は細菌が引き起こす感染症で骨の病気です。
歯茎の溝に隠れた細菌によって発症します。
はじめは歯茎だけが腫れる歯肉炎になり、この状態のまま放置すると、歯を支える歯が溶けてしまう歯周病へと進行します。
歯茎から血や膿が出たり、歯がぐらついて噛みにくく、口臭もひどくなっていく傾向にあります。
発症すると自然に治ることはなく、重度の場合は抜歯になってしまうことも少なくありません。早めの発見と早めの治療をお勧めします。

このような症状はありませんか?

下記のような症状がみられる方は、歯周病の疑いがあります。一度、当院の歯科検診を受診してください。

  • 口臭がきつくなった気がする
  • 歯を磨くと血がでる
  • 歯茎が赤く腫れている
  • 歯が長くなった気がする
  • 歯が揺れる気がする

歯周病の
治療・予防について

歯周病治療について

歯周病の進行段階によって、治療は異なります。初期または中程度の歯周病の場合には、定期的な歯石除去などのクリーニングをおこない、重度の歯周病の場合には外科処置を伴う治療をおこなうことがあります。基本的に歯周病によって、失われた歯を支える骨は元に戻ることはないため、歯周病になる前の予防や進行抑制が大切です。

予防について

歯周病を予防するためには、歯周病の前段階である「歯肉炎」の状態を放置せずに、改善することが大切です。歯肉炎は、歯茎に限局した症状があらわれます。普段の歯磨きやフロス(糸ようじ)などを適切におこない、ご自身で取れない汚れを定期的なクリーニングで取り除くことが予防につながります。

無料カウンセリング

初診の方は、オンライン予約が可能です

PEDIATRIC
DENTISTRY

小児歯科

小児歯科とは、成長発達期にある子どものむし歯の予防や治療を行う診療科です。
乳歯は永久歯と比べると、小さくやわらかいという特徴があります。
そのため、むし歯になりやすく進行も早いため大きなむし歯になってしまいます。
乳歯のむし歯を放置すると永久歯の歯並び悪くなったり、顎の発育に影響がでる恐れがあります。
むし歯をつくらず、健康に成長してほしいお子様のために初期のむし歯は放置せず早めの治療をお勧めします。

お子様のむし歯予防について

お子様の歯をむし歯から歯を守るためには、「歯科医院」でおこなうプロフェッショナルケアと「ご自宅」でおこなうホームケアの両方が必要です。定期的にメンテナンスにお越しいただく際に、むし歯の有無のチェックやクリーニング、フッ素塗布、それぞれのお子様に合わせた歯磨き指導などをおこなっております。

フッ素塗布による歯質強化

乳歯や生えたばかりの永久歯は、歯質が弱くむし歯になりやすい状態です。そのため、定期的にフッ素塗布をおこなうことで、歯質を強化してむし歯から予防します。一度だけではなく、定期的に継続していただき、ご自宅でもフッ素をご使用いただくと効果的です。

無料カウンセリング

初診の方は、オンライン予約が可能です

DENTURES

入れ歯

入れ歯は広範囲にわたり歯を失った場合や健康な歯を削りたくない方におすすめの方法です。
より精密な入れ歯を作成するため、型とりから完成までの間に、噛み合わせの位置どりや仮合わせなどの工程をおこないます。
完成して終わりではなく、何度か調整をくり返す必要があります。
現在の入れ歯が合わないと感じている方、今後入れ歯を検討されている方は是非ご相談ください。

入れ歯の選び方

痛みや違和感など入れ歯のお悩みを抱える方は少なくありません。
たとえば、多くの方が選択する「保険による入れ歯」は、費用を抑えることはできるかもしれません。しかし、使用できる素材が限定されるため、ぴったりと合う入れ歯をつくるのが難しく、痛みや違和感につながります。その反面、自費の入れ歯は患者様のお悩みやお口の中の状態に合わせた素材や入れ歯をつくることができるため、保険の入れ歯に比べて費用は高額になりますが、満足できる入れ歯をつくることができます。

違いをご理解いただいたうえで選択を

費用だけで入れ歯を選択するのではなく、保険と自費の入れ歯の違いを患者様にしっかりとご理解いただいたうえで選択していただくことが重要です。当院では、しっかりとご理解いただくために分かりやすくていねいなご説明を心がけております。

もっとしっかり噛みたい方へ

どんなに良い入れ歯をつくることができても、入れ歯では自分の歯と同じように噛むことはできません。しっかりと噛めない、痛みがある、入れ歯に不満があるという方にはインプラント治療をご提案しております。「もっと食事を楽しみたい」という方は一度ご相談ください。

無料カウンセリング

初診の方は、オンライン予約が可能です